‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

ビューラーは使っても良い?

2014/02/21

女性にとって身だしなみとしても必要不可欠なメイク、個人差はあれ周りの人からより魅力的に見られるように、自分なりに似合う方法を勉強したり、いろいろな工夫をしている人も多いでしょう。

 

そのメイクの中でも一番のポイントになる目元、この目元の仕上がりがその日のメイクの出来、不出来を左右するといっても過言ではないでしょう。

 

若い女性だけじゃなく落ち着いた大人の女性でも、出来るだけパッチリとした大きな目元に見えるように、いろいろなアイメイクを使って仕上げています。

 

最近では目力という言葉も生まれているように、目をはっきりと大きく強調したメイクが主流にもなっています。

 

そんなパッチリ目を作るのに大きく影響することは、上向きの長いまつげです。

 

我々東洋人は比較的まつげが短く、下向きに生えている人がほとんどです。これをパッチリと上に向けるのに便利なアイテムは、ビューラーです。

 

根元から挟んでぐっと上向きに立ち上げると、よりまつげが長く見えるようになり、マスカラなどを塗ればかなり濃さや長さを足すことも可能です。

 

しかし使い方によっては、まつげが切れたり抜けたりと言ったトラブルを引き起こすこともあるので、同じ部分に力を入れすぎないようにするなどの配慮が必要です。

yjimageCA8CQKYR

クレンジングはどうしたら良い?

2014/02/21

スキンケアの中で唯一、メイクを落とすという役割をするをしてくれるものが、クレンジングです。

 

しかし、誤った使用方法をしてしまうと、お肌を痛めてしまい、綺麗なお肌にはなれなくなってしまうのです。

 

ひとくちに、メイク落としと言っても、ジェルタイプやオイルタイプ、シートタイプ、ミルクやクリーム状のものまで、実に様々な種類のメイク落としがあります。

 

それぞれ、メリットとデメリットがあります。比較的、どんなに濃いメイクでも簡単に落とせるものが、オイルタイプです。使用している方はとても多いタイプになります。

 

しかしオイルタイプは気を付けないと、お肌の必要な皮脂まで取ってしまい、乾燥を招いて痛めてしまう可能性があります。

 

使用する際には手短に、なるだけスピーディーに洗い落とすような感覚で使用することが大切です。ミルクやクリームタイプは、お肌にも優しく、うるおいを残してくれます。

 

しかし、そのぶん、メイクを落とす力が弱くなります。

 

大切なことは、その日のご自身のメイクや肌の調子に合わせて、メイク落としを選び使用することが最も重要なポイントになってきます。

 

シートタイプは、毎日使用するにしては、肌を痛めやすいのであまりオススメ出来ません。

 

しかし、その場でサッと簡単にメイクを落とすことが出来ますので、旅行先や泊まり先で使用することをオススメします。

yjimageCA8CQKYR

地まつげが抜けやすくなるの?

2014/02/21

 

 

たくさんの女性たちが、普段からのメイクアップで一番時間がかかる場所は、アイメイクです。

 
第一印象を決める目元のメイク次第で、ドラマティックにもガーリッシュにもなれるから、TPOやファッションに合わせてメイクを変える人も多いでしょう。

 
例えば、アイシャドウにアイライナー、付けまつげやマスカラを使い目元のメイクを変えることで、雰囲気も変わります。

 
ですが、メイクオフをする際に地まつげに負担がかかってしまい抜けることがあります。

 
メイクオフをするときに、付けまつげの接着剤がまだしっかりとついているのに、無理に付けまつげを引っ張ってしまうと、
接着剤と一緒にまつげが抜けるからです。yjimageCA8CQKYR

 

 
また、アイラインやアイシャドウ、マスカラで何層にも重ねたアイメイクを、たとえアイメイク専用リムーバーを使ったとしても、
何度もまぶだをオイルでこすっているうちに、まつげに負担がかかってしまい抜けてしまうこともあります。

 
まぶたやまつげは顔の皮膚の中でも薄い場所になり、とてもセンシティブなので、丁寧に優しく、まつげに負担をかけないようにメイクオフをする必要があります。

 
美しくに見せるためには大切なアイメイクですが、丁寧に優しくメイクオフをする事をこころがけるとまつげが抜けることを防ぐことができます。

 

地まつげは痛むの?

2014/02/21

yjimageCA8CQKYR

 

まつげのエクステの安全性はどうなのでしょうか。まつ毛エクステというものは元々の自分のまつ毛に編み込んだり専用のボンドなどを使って接着します。

 
ですので元々の地まつげが痛むのではないかと心配になる方が多いのです。

 
基本的にはどちらの方法を使ったとしても元々のまつ毛が痛むリスクがあることを知っておかなければいけません。

 
しかしこれはあくまでもリスクというだけのことであり、決して必ず痛むというものではありません。

 
まつ毛のための美容液などがありますので、それを使う事によってまつ毛そのものが痛む事を防ぐことができます。

 
また編み込み式のエクステとボンドでくっつけるタイプでしたら編み込むタイプのほうがダメージは少なくなります。

 
自分でつけるのは困難ですのでサロンのほうに行ってつけてもらう必要があるのですが、仕上がりなどもきれいになります。

 
ボンド式の場合ですとまつ毛そのものが薬剤で悪くなることが多いので気を付けなければいけません。

 
痛まないように日頃からケアをするという前提で行うことが大事です。

 
またマスカラなどはしないようにしてください。マスカラをまつ毛のエクステの上からしますと痛んでしまう要因となるからです。

まつげエクステの安全性とは

2014/02/21

自まつげに人口のまつげをつけ加えることでまつげを長く、濃く見せることができるため、美容効果を期待してこれを使用する女性が若い世代を中心に増えています。

 

しかし、これは様々なトラブルを巻き起こすことがあります。yjimageCA8CQKYR

 
化学繊維からつくられた人口のまつげを接着剤で自まつげに付け加える技術は、自分で行うには難しいために専門の営業所や施設で行われます。

 

しかし、流行とともにこれら施設が急増し、同時に施術水準の低い施設も急増したためにトラブルが増えています。

 

そのトラブルの多くが接着剤によるものです。施術ミスだったり、アレルギーを起こしてしまったりとトラブルは多く、政府も実態の解明に動き出しています。

 

これらトラブルを防ぐために、施術を受ける前には施術を受ける施設には技術力の高い施術者がいるのか、施術前のカウンセリングが十分かなどを確認する必要があります。

 

また、接着剤の成分によってはアレルギーなどを起こすことがあるので、成分を事前に把握する必要があります。さらに、もし接着剤が目に入ってしまったら早急に対処するようにしなければなりません。

 
以上のような注意点を理解し、細心の注意を払うことで安全性が確保され、おしゃれを楽しむことができます。

マスカラのメリットデメリット

2014/02/21

女性にとってマスカラはなくてはならない化粧アイテムです。

 

最大のメリットは、目を大きく見せることができるということです。

 

まつげが短いひとは使う事で長くすることができ、密度が薄いひとは使用することで密度を濃くすることができるのです。

 

また複数の種類を使い分けることで満足できるまつげを作り出すことができるのです。自由自在に目の印象を変えることができるということがメリットです。

 

しかしメリットだけではありません。使い方によってはデメリットもあります。デメリットは目に負担をかけてしまうということです。

 

正しい取り方や使い方をしなかった場合、目の中に入ってしまい傷をつける可能性があります。

 

化粧を落とす場合、ポイントメイク専用の化粧落しを使う事で安全に落とすことができますが、クレンジングで落としてしまうと完全に取ることができなくなります。

 

そのような場合、目の周りを強くこすりすぎてシワの原因になってしまうことがあります。

 

また一日の終わりに取るということが大切ですが、めんどくさかったりして何日も同じ状態でいると目の中に入ってしまう可能性があります。

 

目の中に入ると痒みを引き起こしてしまい掻いてしまうと目に傷をつけてしまう可能性があるのです。

yjimageCA8CQKYR

つけまつげのメリットデメリット

2014/02/21

yjimageCA8CQKYR

 

 

つけまつげのメリットは、気軽にまつげを長くすることができるということです。女性の印象はまつげで大きく変わります。

 

まつげを濃くするだけで目を大きく見せることができ、印象的な目にすることができるのです。かかる費用が安いということもメリットです。

 

手軽に購入することができるので、おこずかいの少ない学生や美容にお金をかけることができない女性も手軽に取り入れることができるのです。

 

またいろいろなところで購入することができるということも手軽に取り入れることができる理由です。デメリットは目に負担がかかるということです。

 

つける時に専用のノリを使いますが、慣れていないひとはノリが目に入ってしまう可能性があります。

 

そのような状態になったときに目に負担をかけてしまい病院に行かなくてはいけない事態になります。

 

またつけっぱなしにしないということが大切です。毎日付け替えるということが大切なので、付ける手間と取る手間がかかり化粧に時間がかかるということもデメリットです。

 

慣れるまでは自分のまつげを一緒に取ってしまう可能性があります。

 

ですので理想的なまつげを作るために自分のまつげを取ってしまい傷めてしまうことになるのです。

まつげエクステのメリットデメリット

2014/01/15

まつげエクステは自由につける位置を選ぶことができたり、量を選ぶことができるので自由自在な印象を作り出すことができるということがメリットです。

 

また一度つけると一定期間そのままにしておくことができるので、手間がかからないということもメリットのひとつです。

 

化粧を落とした状態でも目の印象をそのまま保つことができるので、泊まりの旅行などで便利です。

 

また化粧にかかる時間を短縮することができるということも魅力のひとつです。

 

yjimageCA8CQKYR

 

さらに目の印象を強くしたい場合は、上からマスカラを塗る事でより印象を強くすることができるのです。デメリットは目に負担をかけるということです。

 

つけるときに専用のノリを使用していますが、放置しすぎるとそのノリが取れて目の中に入ってしまう可能性があります。

 

お金をかけたくないという思いが強いあまり、放置しすぎてしまうと強度が弱くなりノリがはがれてしまうのです。

 

ノリが目に入ってしまうと傷がついてしまう可能性があり非常に危険です。ですので定期的に取り外して新しくつけなおすということが必要です。

 

定期的にメンテナンスすることで安全に使用することができ、化粧にかかる時間を短縮することができるのです。